何かを受け取った時の表現

お店で商品を受け取った時、あるいは、誰かからプレゼントをいただいた時など、何かを受け取った時、「ありがとう」と感謝を伝える人は多いと思います。ベトナム語では Cảm ơn (カム オン。Cám ơnでも同じ) といいますが、単に Cảm ơn だけではなく、相手の人称代名詞を付けていうと、丁寧度、親しみ度がアップしますので、できるだけ

Cảm ơn + 相手の人称代名詞

と言うといいと思います。例えば、相手が年下なら、Cảm ơn em、相手が年上の男性なら Cảm ơn anh、年上の女性なら Cảm ơn chị というようにです。詳しくは人称代名詞のページも見てください。

ところで、ハノイなどベトナム北部では感謝を言葉にして出す人は非常に少ないように感じます。何かを受け取るときにも「ありがとう」という人はあまり見かけません。ただ、もう一つ別の表現があります。それは、xin(スィン)という言葉です。具体的には、

自分の人称代名詞 + xin

となります。相手が年下で、自分が男性なら Anh xin、自分が女性なら Chị xin、相手が年上なら自分の性別に関係なく Em xin、と言うといいと思います。訳すと、「いただきます」という意味ですが、そこまで堅苦しくありません。そして、この表現には相手に対する感謝が含まれています。

Xinの発音ですが、「スィン」と書きました。「シン」とするとほかの言葉になるからです。「スィ」は、英語の see の「スィ」と同じ音です。

次に誰かから何かを受け取った時、ぜひ試してみてください。

ベトナム語の発音は難しい! だけじゃない

ベトナム語を使ってベトナム人と話してみると、すぐにベトナム語の発音が難しいことに気づきます。なぜなら、自分が話すベトナム語が相手に通じないからです。簡単な単語一つでさえ通じません。

それで、ベトナム語の発音は難しい!となります。そして、それを聞くベトナム人は、特にベトナム語を教える先生たちは、「ベトナム語の発音は難しいですよ!」と外国人の学生に伝えます。(Youtubeでベトナム語を勉強できるビデオをアップしている日本語流暢なベトナム人の先生たちもみんな口々に、そして少しうれしそうに?そう言います)

こうして、生徒は「ベトナム語の発音は難しい!」という意識がますます強くなり、そしてほとんどの場合、それが苦手意識となります。

より正確には、ベトナム語を話すときに、発音は極めて重要! なのに、発音がとても難しい!

確かに、ベトナム語の発音は日本人にとって難しいです。でも、ベトナム語の発音は難しい!と聞くと、わたしは少しだけ違和感を感じます。というのは、そのフレーズだけだと、とても大切な考えが抜け落ちかねないからです。

その大切な考えというのは、「ベトナム語を話すときに、発音は極めて重要!」というものです。重要なのに難しい。ここがポイントだと思っています。

というのは、ベトナム語を学習している人の中には、ベトナム語の発音があまりに難しいため、発音の練習を手を抜いたり、少しぐらい間違っても通じるだろうと考えてあまり真面目に取り組まなかったりする人がいるからです。

そうした方たちは、もちろんベトナム語の発音が難しいことを知っているのですが、それがどれだけ重要なのかを理解していないのかもしれません。特に、日本に住んでいるベトナム人との仕事、交流のためにベトナム語を学ぼうとする場合、困れば日本語に切り替えるということが可能なので(特に相手のベトナム人の日本語が自分のベトナム語より上手な場合)、発音が難しい → じゃあ、いいや~ となってしまうことがあるのです。

たとえば、ベトナム語にはaが三つあります。a、â、ăです。この使い分けは非常に大切で、間違えても通じる時もありますが、まったく通じない時も少なくありません。でも、発音は難しいことはわかっていても、重要だということを認識していないと、「まあみんなaだから、何とかなるだろう~」という発想になり、どのaも同じにしてしまいます。結果、まったく通じません。

かくいう私がかつてはそういう考えでしたが、ベトナムで仕事をする機会が増え、日本語はおろか、外国語さえほとんど話すことが無いベトナム人と話す機会が増えるにつれ、発音の重要さを身に染みて知るようになりました。

ベトナム人からベトナム語を教わっている場合、あるいは、話しているベトナム人がとても親切な方で、こちらの発音を直してくれようとする場合、間違った発音は大変な悲劇を招くことがあります。そう、できるまで、それが100回でも200回でも(さすがに大げさですが)言い直させられるのです。特に、相手がこちらの発音が間違っていることだけを認識していて、何が間違っているか、どのようにすれば直せるかを教えてくれない場合、千本ノックのような厳しい状況に遭遇する可能性が大です。

恐怖の言い直し千本ノック

そうすると、ますます「ベトナム語の発音は難しい」ということが強調されてしまうのですが、その前段にある「ベトナム語の発音は極めて重要なのに」という大切な考えが抜け落ちてしまい、結果、ますます手を抜いてしまう、そして通じない時は「ベトナム語の発音は難しいなあ」と苦笑いしてごまかすことになりかねません。

ベトナム語を勉強する時には、発音が極めて重要で、しかも発音が難しい、という二つを忘れないことが大事です。

人称代名詞(7)ベトナム語での人称代名詞 その4 チ|ベトナム語の壁(文法)

前回勉強したアインは、自分より年上の男性に使う人称代名詞です。今回、勉強するのは、自分より年上の女性に使う人称代名詞です。

年上の女性には、チと呼びかけます。

とはいっても、アインと同様、誰でもチと呼べばいいわけでもありません。今回は、チの使い方を見ていきましょう。

(注意)ベトナム北部では「チ」と短く発音することが多いですが、南部の人は少し伸ばす感じで「チ-」と発音する人が多いように感じます。ここではすべて「チ」と表記します。

1. 例文

簡単な例文を見てみましょう。自分が、相手に話しかけます。
このとき、相手は、女性で、自分より年上です(この前提条件は大事です)。

相手:Chào chị! Chị khỏe không?
(チャオ チ! チ ホエ ホン?)

こんにちは! お元気ですか?

2. 発音

カタカナ読み通り「チ」で通じますが、最後に、気持ち程度口を横に引くと音がよりはっきりしていいと思います。chịという単語のiのアルファベットの下についている小さな点は、詰まった発音であることを示す声調記号です。ですから、本来はチッと発音するぐらいでもいいと思うのですが、実際にはそこまで詰めた音にしているわけではありません。また、南部ではむしろ少し伸ばし気味で「チー」というように聞こえます。

3. Chị(チ)の使用方法

Chị(チ)はどのように使用するのでしょうか?主に以下の4つのケースで使用します。

自分の実の姉のことを指す。また、実の姉を呼ぶときの人称代名詞及び敬称

自分より年上の女性に使う人称代名詞(ただし、厳密には自分より10から15歳程度年上まで)

自分より年上の女性を呼ぶ際に、その人の名前の前にchị(チ)を付けると、日本語で人を呼ぶときの「○○さん」の「さん」という敬称

④女性が、自分より年下の人と話す時(相手の性別は問いません)に「わたし」という意味で使用する人称代名詞

(1)は、chị(チ)の本来の使用法です。弟や妹が自分の実の姉に呼びかけるときにchị(チ)と呼びます。しかし、アインの時と同様、実際には(2)の用途で使われることがほとんどです。そのため、(1) のように、自分の実の姉であることをほかの人に紹介する時にはchị gái(チ ガー↗)もしくはchị ruột(チ オット)という表現を使って、より明確にします。

(2)の用途の場合、相手が女性で、自分より年上ならば、こちらが相手に「あなた」と呼びかけるときにchị(チ)を使います。一方、自分が女性で、相手が自分より年下ならば、相手がこちらに「あなた」と呼びかけるときにchị(チ)を使います。

例を見てみましょう。冒頭の例文と似ていますが、もう少し具体的な設定です。

わたしが、自分より10歳年上のトゥイーさん(女性)に話しかけます。

自分: Chào chị Thủy! Chị khỏe không?
自分:こんにちは、トゥイーさん! お元気ですか?

Chị khỏe không? と尋ねているときのchịは「あなた」という意味です((2)の使用法)。トゥイーさんはわたしより年上なので、わたしがトゥイーさんのことを呼ぶときにはchị(チ)を付けます。

Chào chị Thủy! のchịは、「さん」という意味で、(3)の使用法です。ベトナム語では、ほとんどの場合、名前の前に人称代名詞を付けます。日本語の「さん」、「君(くん)」、「ちゃん」といった役割です。名前だけを呼ぶこともありますが、同い年や、年上の人が年下の人を呼ぶときに限られると言えるでしょう。ただし、この場合でも双方が親しい間柄であるときだけのことが多いようです。

(4)の使用法は、自分のことを呼ぶときに使うケース、つまり「わたし」としての使い方です。あなたが女性で、話をしている相手が自分より年下であれば、あなたは自分のことを指す「わたし」という意味でchị(チ)を使います。また、あなたと話している相手が女性で、あなたより年上なのであれば、その女性は自分のことを指す「わたし」という意味でchị(チ)と呼びます。

例を見てみましょう。先ほどの会話の続きです。

自分: Chào chị Thủy! Chị khỏe không?
自分:こんにちは、トゥイーさん! お元気ですか?

Thủy: Chị khỏe.
トゥイーさん:はい、(わたしは)元気です。

トゥイーさんが「元気です」と答える時に言うchị(チ)は、「わたし」という意味です。混乱しがちですが、慣れるようにしましょう。

4. 使用上の注意

chị(チ)を使いこなすうえでの注意点をあげてみたいと思います。

見知らぬ人にもchị(チ)を使える。本来は「姉」という意味のchị(チ)ですが、実際には自分より年上の女性にも使う人称代名詞であり、見知らぬ人に声をかけるときにも使ってまったく問題ありません。ベトナム人に関していえば、見知らぬ人からchị(チ)と声をかけられて嫌がる人はほとんどいないでしょう。

アインの時と同様、自分との年齢差に注意を払う必要があります。ただし、多くのベトナム人の女性も、できるだけ若く見られたいという気持ちを持っていますから、適切な判断が必要です。例えば、明らかに自分の親と同年代あるいはそれより少し若いくらいの女性であれば、chị(チ)と呼ぶと、不敬な印象を与えてしまうので、chị(チ)と呼ばないほうがよいでしょう。でも、chị(チ)と呼ぶべきかなと迷うくらいの年齢差なら、chị(チ)と呼んだ方が喜ばれると思います。

○一方、年下の女性をchị(チ)と呼ぶのは、ある程度の例外を除いて好まれません。というのは、老けているとみなしているような印象を与えるからです。例外として考えられるのは、たとえばある夫婦がいて、ご主人はあなたより年上ですが、奥さんはあなたより年下の場合です。しかも、その夫婦とそれほど親しいというわけではないのであれば、ご主人はアイン、奥さんはchị(チ)と呼んで構いません。

○上にも書いたように、chị(チ)の適用範囲は自分より10から15歳程度年上までが一般的ですが、少し広めに幅を持たせても大丈夫でしょう。ただし、これは自分と相手との関係にもよります。

○会社など、ある一つのグループに所属する仲間同士の場合、15歳以上年が離れていてもchị(チ)と呼ぶことは十分あり得ます。その場合には「年上の同士」という感覚でしょう。

アインと同様、自分と相手がそれぞれ何歳ぐらいなのか、ということも関係します。たとえば、トゥイーさんとチャーさんとわたしの三人がいたとします。全員、女性です。この三人の年齢は次の通りです。

トゥイーさん 48歳
わたし 30歳
チャーさん 12歳

わたしとトゥイーさん、わたしとチャーさんはそれぞれ18歳違います。では、質問です。

わたしはトゥイーさんをchị(チ)と呼んでも大丈夫でしょうか?

答え:問題ありません。人によっては「おばさん」を意味するcô(コー)を使う人もいるでしょう。でも、お互いに大人同士なので、わたしがトゥイーさんをchị(チ)と呼ぶのは問題ないと考える人は多いでしょう。

では、チャーさんはわたしのことをchị(チ)と呼ぶのでしょうか

答え:呼びません。ほぼ間違いなく、「おばさん」を意味するコーを使うでしょう。確かに年齢差は18歳で、わたしとトゥイーさんの関係を考えればよさそうに見えますが、わたしが大人であるのに対し、チャーさんはまだ未成年、しかも子どもと言える年齢です。子どもが大人にchị(チ)と呼びかけることはまずありません。なぜなら、ベトナム語では、適切な敬意を示しておらず、大変失礼なことになるからです。同じ未成年でも高校生くらいで、かなり大人に近くなってくると18歳年上の人にchị(チ)と呼ぶのもありかもしれません。

相手に対する敬意の意味で、年下の女性をchị(チ)と呼ぶこともあるが、必要ということではない。

日本では年下の人を呼ぶときに、親しい間柄であれば「くん」や「ちゃん」を使うことがあります。一方、社会人同士や見知らぬ人であれば、相手に対する敬意や、相手との距離感を出すために、年下の人を呼ぶときにも「さん」付けする人も多いと思います。

ベトナム人でもそのような意味でchị(チ)を使う人がいます。ただし、必要とはされていないようです。特にある程度親しい関係なのに、いつまでもchị(チ)と呼ぶのは少ないようです。年下の女性と話す時、最初の数回ぐらいは相手をchị(チ)と呼んでもいいかもしれませんが、普通は相手が耐えられなくなって、「わたしはあなたより年下なので、chị(チ)ではありません」と、言ってくると思います。

もちろん、ある程度フォーマルな場などでは、chị(チ)と呼ぶこともあるでしょう。

5. まとめ

○話している相手が女性で、自分より年上なら、「あなた」という意味で相手のことをchị(チ)と呼ぶ。
○自分が女性で、話している相手が自分より年下なら、「わたし」という意味で自分のことをchị(チ)と呼ぶ。(つまり、あなたが男性なら、この点は関係ありません。)

人称代名詞(6)ベトナム語での人称代名詞 その3 アイン|ベトナム語の壁(文法)

たくさんあるベトナム語の人称代名詞の中で、使用頻度ナンバーツーと言えばこのAnh(アイン)でしょう(なんでいきなりナンバーツーから?)。その分、かなり使い方に迷いがでる言葉でもあります。え?ナンバーワンは何か?それは今後のお楽しみ。

ではじっくりアインを見ていきましょう。

注意:ベトナム北部では「アイン」と発音しますが、ベトナム中部から南部では「アン」と発音する人が多いです。ここでは、すべて「アイン」と表記しますのでご注意ください。

1. 例文

簡単な例文を見てみましょう。相手が、自分に話しかけます。
このとき、相手は自分より年下で、自分は男性です(この前提条件は大事です)。

相手:Chào anh! Anh khỏe không?
(チャオ アイン! アイン ホエ ホン?)

こんにちは! お元気ですか?

広告

2. 発音

カタカナ読み通り「アイン」で通じます。「イ」の時に気持ち程度口を横に引くと音がよりきれいに出ていいと思います。ちなみに、北部ではアインですが、南部の人はanhのつづりを「アン」と発音します。

3. Anh(アイン)の使用方法

Anh(アイン)はどのように使用するのでしょうか?かなり複雑で、主に以下の5つのケースで使用します。

(1) 自分の実の兄のことを指す。また、実の兄を呼ぶときの人称代名詞及び敬称

(2) 自分より年上の男性に使う人称代名詞(ただし、厳密には自分より10から15歳程度年上まで)

(3) 自分より年上の男性を呼ぶ際に、その人の名前の前にAnh(アイン)を付けると、日本語で人を呼ぶときの「○○さん」の「さん」という敬称

(4) 夫婦もしくは交際中のカップルで、女性が男性を呼びかけるときに使う人称代名詞及び敬称

(5) 男性が、自分より年下の人と話す時(相手の性別は問いません)、もしくは自分の妻やガールフレンドと話す時に「わたし」という意味で使用する人称代名詞

(1)は、Anh(アイン)の本来の使用法です。弟や妹が自分の実の兄に呼びかけるときにAnh(アイン)と呼びます。しかし、実際にはAnh(アイン)は(2)の用途で使われることがほとんどです。そのため、自分の実の兄であることをほかの人に紹介する時にはAnh trai(アイン チャイ)もしくはAnh ruột(アイン ズオット)という表現を使って、より明確にします。

(2)の用途の場合、相手が自分より年上ならば、こちらが相手に「あなた」と呼びかけるときにAnh(アイン)を使います。一方、自分が男性で、相手が自分より年下ならば、相手がこちらに「あなた」と呼びかけるときに使います。

例を見てみましょう。冒頭の例文と似ていますが、もう少し具体的な設定です。

わたし(男性)より10歳年下のフイーさんがわたしに話しかけます。

Huy: Chào anh Bún Chả! Anh khỏe không?
フィー:こんにちは、ブンチャーさん! お元気ですか?

Anh khỏe không? と尋ねているときのAnhは「あなた」という意味です((2)の使用法)。フイーさんはわたしより年下なので、わたしのことを呼ぶときにはAnh(アイン)を付けます。

Chào anh Bún Chả! のanhは、「さん」という意味で、(3)の使用法です。ベトナム語では、ほとんどの場合、名前の前に人称代名詞を付けます。日本語の「さん」、「君(くん)」、「ちゃん」といった役割です。名前だけを呼ぶこともありますが、家族や恋人という関係を除けば、同い年や、年上の人が年下の人を呼ぶときに限られると言えるでしょう。ただし、この場合でも双方が親しい間柄であるときだけのことが多いようです。

(4)の使用法は、日本人の男性がベトナム人の女性と交際もしくは結婚していなければ体験することはないでしょう。ただし、ベトナム人女性が自分の夫もしくはボーイフレンドにAnh(アイン)と呼びかけるのは耳にするかもしれません。ここで、ちょっと好奇心が出てきます。妻もしくは彼女の方が年上ならどうなるのでしょうか?「弟」を意味するEm(エム)になるのでしょうか?答えは「いいえ」。女性が年上でもちゃんと「アイン」と呼びかけ、男性は妻のことを「エム」と呼ぶのです(Em(エム)についてはこの後、考えます)。

(5)の使用法は、自分のことを呼ぶときに使うケース、つまり「わたし」としての使い方です。あなたが男性で、話をしている相手が自分より年下、もしくは自分の妻あるいは彼女であれば、あなたは自分のことを指す「わたし」という意味でAnh(アイン)を使います。また、あなたと話している相手が男性で、あなたより年上なのであれば、その男性は自分のことを指す「わたし」という意味でAnh(アイン)と呼びます。

例を見てみましょう。先ほどのフイーさんとわたしの会話の続きです。

Huy: Chào anh Bún Chả! Anh khỏe không?
フィー:こんにちは、ブンチャーさん! お元気ですか?

Bún Chả : Cảm ơn em. Anh khỏe.
ブンチャー:ありがとう。元気ですよ。

ここでAnh khỏe のanhは「わたし」という意味です。
この思考回路ができるまでに何度頭の中が混乱することか。。。あぁー

広告

4. 使用上の注意

Anh(アイン)を使いこなすうえでの注意点をあげてみたいと思います。

見知らぬ人にもAnh(アイン)を使える。本来は「兄」という意味のAnh(アイン)ですが、実際には自分より年上の男性にも使う人称代名詞であり、見知らぬ人に声をかけるときにも使ってまったく問題ありません。ベトナム人に関していえば、見知らぬ人からAnh(アイン)と声をかけられて嫌がる人はほとんどいないでしょう。ただし、自分との年齢差に注意を払いましょう。Anh(アイン)とは呼べないほど年上(自分より15歳以上年上ならAnh(アイン)ではありません)だったり、自分よりも年下だったりするなら変な空気が流れるかもしれません。

○上にも書いたように、Anh(アイン)の適用範囲は自分より10から15歳程度年上までが一般的です。ただし、これは自分と相手との関係にもよります。

○会社など、ある一つのグループに所属する仲間同士の場合、15歳以上年が離れていてもAnh(アイン)と呼ぶことは十分あり得ます。その場合には「年上の同士」という感覚でしょう。

単に年齢差だけではなく、自分と相手がそれぞれ何歳ぐらいなのか、ということも関係します。たとえば、ホアンさんとトゥンさんとわたしの三人がいたとします。全員、男性です。この三人の年齢は次の通りです。

  • ホアンさん 48歳
  • わたし 30歳
  • トゥンさん 12歳

わたしとホアンさん、わたしとトゥンさんはそれぞれ18歳違います。では、質問です。

わたしはホアンさんをアインと呼んでも大丈夫でしょうか?

答え:問題ありません。人によっては「おじさん」を意味するChú(チュー)を使う人もいるでしょう。でも、お互いに大人同士なので、わたしがホアンさんをAnh(アイン)と呼ぶのは問題ないと考える人は多いでしょう。

では、トゥンさんはわたしのことをAnh(アイン)と呼ぶのでしょうか

答え:呼びません。ほぼ間違いなく、「おじさん」を意味するチューを使うでしょう。確かに年齢差は18歳で、わたしとホアンさんの関係を考えればよさそうに見えますが、わたしが大人であるのに対し、トゥン君はまだ未成年、しかも子どもと言える年齢です。子どもが大人にAnh(アイン)と呼びかけることはまずありません。なぜなら、ベトナム語では、適切な敬意を示しておらず、大変失礼なことになるからです。同じ未成年でも高校生くらいで、かなり大人に近くなってくると18歳年上の人にAnh(アイン)と呼ぶのもありかもしれません。

相手に対する敬意の意味で、年下の男性をAnh(アイン)と呼ぶこともあるが、必要ということではない。日本では年下の人を呼ぶときに、親しい間柄であれば「くん」や「ちゃん」を使うことがあります。一方、社会人同士や見知らぬ人であれば、相手に対する敬意や、相手との距離感を出すために、年下の人を呼ぶときにも「さん」付けする人も多いと思います。

ベトナム人でもそのような意味でAnh(アイン)を使う人がいます。ただし、必要とはされていないようです。年下の人をAnh(アイン)と呼ばなくても「慣れ慣れしい」などと感じられることはほとんどないと思います。年下の人と話す時、最初の数回ぐらいは相手をAnh(アイン)と呼んでもいいかもしれませんが、普通は相手が耐えられなくなって、「わたしはあなたより年下なので、Anh(アイン)ではありません」と、言ってくると思います。ベトナム語の人称代名詞は、Anh(アイン)が「わたし」になったり「あなた」になったりしてややこしいので、いつも男性に話しかけるときには念いに関わらずAnh(アイン)を使いたくなりますが、ここは頑張っていつも適切な人称代名詞を使えるようになりましょう!

アインとアインになることがある。いろいろ書いてきましたが、やはりベトナム人も見知らぬ人に、外見からするとお互いの年齢が近い時で、実際にはまだ年の差を知らない時に、あえてAnh(アイン)とEm(エム)を使って歳の差を強調するのもどうかと考える人は結構いるようです。そういう時はアインとアインになります。自分のことはエムと呼び、相手のことをアインと呼ぶのです。でも、この使い方になると、実は日本語の「わたし」と「あなた」という使い方と同じなので、ベトナム語初心者には意外に話しやすかったりします。

6. まとめ

○話している相手が男性で、自分より年上なら、「あなた」という意味で相手のことをAnh(アイン)と呼ぶ。
○自分が男性で、話している相手が自分より年下なら、「わたし」という意味で自分のことをAnh(アイン)と呼ぶ。
(つまり、あなたが女性なら、この二番目の点は関係ありません。)

人称代名詞(5)ベトナム語での人称代名詞 その2  トイ、バンッ|ベトナム語の壁(文法)

ややこしいベトナム語の人称代名詞で簡単なスタートを切る方法の一つは、tôi(トイ)とbạn(バンッ)を使うこと。

tôi(トイ)は、話している人が自分自身を指す「わたし」という役割しかありません。
同じように、bạn(バンッ)は、話している人から見て相手、つまり「あなた」という役割しかありません。

1. 例文

簡単な例文を見てみましょう。自分が、相手に話しかけます。

自分:Tôi tên là Nam. Bạn tên là gì?
(トイ テン ラー ナム。バンッ テン ラー ズィー?)

わたしの名前はナムです。あなたのお名前は何ですか?

2. tôi(トイ)の発音

tôi(トイ)は、カタカナ読みの通りで問題ないでしょう。声調は「なし」なので、必ずフラットに発生します。語尾をあげたり、下げたりすると意味が違う言葉になるので注意しましょう。みなさん、樋 (とい)を知っていますか?雨が降った時に、家の屋根から流れる雨水を受けて地面に流す溝もしくはパイプのことです。ほかの地方はわかりませんが、関東ではフラットに発音します。この「樋 (とい)」とtôiの発音はほぼ同じです。

3. bạn(バンッ)の発音

bạn(バンッ)を「バン」と説明する人もいますが、「バン」とカタカナ読みするとまず通じません。カタカナ読みで「バン」というとき、言い終わった時に舌は口の中のどこにも触れていないはずです。日本語ではこれも「ン」と表記されますが、ベトナム語では ng となります。ですから普通に「バン」とカタカナ読みすると bang と聞こえてしまい、ベトナム人には通じない、もしくは誤解されてしまうのです。

最初の「バ」の音は、赤ちゃんをあやす時に言う「ベロベロバア」の「バ」の音とほぼ同じです。次の「ン」ですが、これは、口を開けたまま、下の先端を上の前歯の裏側の付け根につけて「ン」と言う音です。ベトナム語では、単語の最後が n の時は必ず舌の先端を、上の前歯の裏側の付け根につけて発声します。そして、最後の「ッ」(小さいツ)は、詰まった音になります。これはこのbạnの声調が「ナンッ」と呼ばれる、詰まった音だからです。bạnのaの下についている小さな点、これが「ナンッ」という声調を示しています。

もう少し練習をしてみましょう。「バッタ」と言ってみてください。昆虫の「バッタ」です。次に、同じようにバッタと言いますが、今度は最後の「タ」は言わずに、「バッ」で止めてください。口は大きく開けて「バッ」と言いましょう。口の開け方が狭いと、忙しいを意味するbậnになってしまいます。言ってみると、最後が詰まった感じになりましたか?これが、「ナンッ」の声調です。この「バッ」で通じる可能性も結構ありますが、このままだとbạnのnの音が含まれません。ですから、先に書いたように、下の先端を上の前歯の裏側の付け根につけて発声するようにしましょう。

この単語は慣れるまで、発音しにくく、かつ、相手に通じにくい単語です。ですから発音をしっかり練習しましょう。

4. tôi(トイ)の使い方

これまで見てきたように、ベトナム語では人称代名詞が多く、しかも状況によって使い分ける必要があります。では、tôi(トイ)はどのように使えばよいのでしょうか?

実は、ベトナム人がtôi(トイ)を使う機会はかなり限られています。このtôiという言葉は、ほぼ自動的に相手に自分との一定の距離(つまり、遠いということ)を伝えます。ベトナム人同士であれば、初めて会う人に対してでさえ、自分のことをtôiと呼ぶ人はあまりいません。とはいえ、あまり使われていないだけであって、自分のことをtôiと呼ぶこと自体は間違いではありませんし、特に外国人であれば、まったく問題ないでしょう。

ベトナム人のtôiの使い方についていえば、講演会のようなところで、それなりの人数の聴衆に向かって話している講演者が自分のことを呼ぶときにtôiということはあります。これはおそらく、そうした場がかなり改まっていて、それなりの距離感があるほうが適切だからだと思われますし、もう一つは、客席側にいろいろな年齢の人がいるからだと思います。

会話の際には、これまでも書いたように、一対一もしくは少数の人による会話の中で使われることはほとんどないようです。また、わたしの観察では、年下の人が年上の人に使うこともあまりないようです(年下の人はem(エム)やcháu(チャウ)など、ほかの人称代名詞を使います)。年上の人が、ある程度の敬意をこめて年下の人と話す時、年下であっても男性をanh(アイン)、女性をchị(チ)、と呼ぶことがありますが、その時には自分のことをtôiと呼びます。

ここで強調したいのは、tôiは日本語の「わたし」と同じ役割なだけであって、この言葉が与える印象は日本語の「わたし」とは明らかに違います。ですから、ベトナム語に慣れてきたら、これ以降に説明するほかの人称代名詞を使い分けられるようにするとよいでしょう。

5. bạn(バンッ)の使い方

bạn(バンッ)はtôiよりは使用頻度が高いと思います。特に、少人数であれ大人数であれ、ある程度の人数の人に対して話しかけるときには、日本語の「たち」のように複数を意味するcác(カック)という言葉を付けて、các bạn(ベトナム人が発声するともっと短くなり、カックバッのように聞こえます)と使います。日本語で「みなさん」という意味ですね。

また、見知らぬ人に話しかけるときにbạnを使うことも多いと思います。ただし、「あなた」という意味でbạnを使うときはtôiの時と同じく、年上の人が年下の人に使うのであって、年下の人が年上の人を呼ぶときにbạnというのは聞いたことがありません。自分と相手の人の歳がほとんど同じで、年齢を聞くまでどちらが年上なのかわからない時にbạnを使うこともあります。

6. まとめ

tôi(トイ)には「わたし」、bạn(バンッ)には「あなた」という役割があるので、ベトナム語初心者はこれでスタートすることができます。ベトナム人は意味を正しく理解してくれるでしょう。ただ、この二つだけですべての会話を続けていくことはあまりお勧めできません。それは次の理由によります。

まず、自然ではありません。先にも書きましたが、tôiとbạnは日本語の「わたし」「あなた」と同じ役割を持っているだけで、日本語と同じ使われ方をしているわけではありません。特にこの二つの言葉はベトナム人に対して、自分と相手の間に少なからず距離感があることを言外に伝えるので、すでに知り合っている関係なのにこれを使い続けると、相手は寂しく感じるかもしれません(ベトナム語とはそういうものなのです)。

二つ目の理由は、自分がtôiとbạnを使っても、会話をしている相手のベトナム人はそのほかの人称代名詞を使うでしょうから、結局それに慣れない限り、ベトナム語の壁は乗り越えられないのです。自分が話す時に混乱しないという意味でtôiとbạnでスタートするのは良いですが、相手が話す時に自分の頭の中が混乱することまでは避けられません。

ではベトナム人はどんな人称代名詞を使うのか、さらに見ていきましょう!