ベトナム語でこんにちは(その1)|あいさつ

ベトナム語で「こんにちは」は何と言うのでしょう?

答えは…

Xin chào.

です。

1. カタカナで発音を覚えよう

ここでは、ベトナム語のアルファベットや声調記号は脇に置いておいて、みなさんが覚えやすいように、カタカナで読み方を書きます。

「スィン チャオ」 と発音します。

  1. スイングという英単語があります。野球やゴルフのスイングです。もう日本語になっていますね。「スイング」と言ってみてください。そして、次に  は入れずに「スイン」だけ言ってみてください。あまりゆっくり言わないで。野球で思い切りバットを振るときのように、さっと「スィン」!「ス・イ・ン」ではありませんよ!
  2. 次に、 ス と ン の間にある「イ」を、できるだけ小さくいってください。まるで ス の音と一体化したようにできれば一番いいです。でも、「イ」を言わないと、「スン」となってしまい、まったく違う単語になるので注意してください。
  3. 次に、「チャオ」ですが、最初の チャ の音を強めに言い、 オ の音は、軽めに言ってください。

さあ、今度、ベトナム人を見かけたら恥ずかしがらずに言ってみましょう!

スィン チャオ

(ひとこと) ベトナム語のテキストでは大抵「シン チャオ」と表記されています。確かに、「シン」と発音しても通じると思います。でも、正確に言うとベトナム語では「シン」ではありません。「スィン」というのも実は少し違うのですが、「シン」よりは近いと思うのでここではそう表記しました。

2. 一語四役

さて、「こんにちは」を覚えたら、次は「おはようございます」か「こんばんは」ですね?どちらから先に覚えようか。。。と悩む必要はありません!なぜなら、

  • おはようございます
  • こんにちは
  • こんばんは
  • さようなら

これ、ぜ~んぶ、

Xin chào! (スィン チャオ!)

でいいんです!

これで一気に、四つも挨拶を覚えたことになります。ずいぶんお得ですね~。

ただ、ここで大切なお知らせが。。。
Xin chào!(スィン チャオ!)は、きちんと発音すれば100%通じるのですが、実はベトナム人は普段の会話でほとんど使わないのです!
では、ベトナム人は普段、「こんにちは」をどのように言うのか、次に見ていきましょう。

次を見る