何かを受け取った時の表現

お店で商品を受け取った時、あるいは、誰かからプレゼントをいただいた時など、何かを受け取った時、「ありがとう」と感謝を伝える人は多いと思います。ベトナム語では Cảm ơn (カム オン。Cám ơnでも同じ) といいますが、単に Cảm ơn だけではなく、相手の人称代名詞を付けていうと、丁寧度、親しみ度がアップしますので、できるだけ

Cảm ơn + 相手の人称代名詞

と言うといいと思います。例えば、相手が年下なら、Cảm ơn em、相手が年上の男性なら Cảm ơn anh、年上の女性なら Cảm ơn chị というようにです。詳しくは人称代名詞のページも見てください。

ところで、ハノイなどベトナム北部では感謝を言葉にして出す人は非常に少ないように感じます。何かを受け取るときにも「ありがとう」という人はあまり見かけません。ただ、もう一つ別の表現があります。それは、xin(スィン)という言葉です。具体的には、

自分の人称代名詞 + xin

となります。相手が年下で、自分が男性なら Anh xin、自分が女性なら Chị xin、相手が年上なら自分の性別に関係なく Em xin、と言うといいと思います。訳すと、「いただきます」という意味ですが、そこまで堅苦しくありません。そして、この表現には相手に対する感謝が含まれています。

Xinの発音ですが、「スィン」と書きました。「シン」とするとほかの言葉になるからです。「スィ」は、英語の see の「スィ」と同じ音です。

次に誰かから何かを受け取った時、ぜひ試してみてください。